眞砂工業

現在


1958年に、建設・荷役用機械メーカーとして設立して、1975年から遊園施設メーカーになったそうです。しかし2001年に倒産しています。

特徴


外見

見た目が可愛いライドを多く作っている印象があります。トーゴが男の子向けライドのイメージがあるのに対して、眞砂工業は女の子向けライドのイメージがあります。(個人的な意見です)
キッズライドと言えば、電車、車、バイク、飛行機、船などのライドが多く、どちらかと言うと男の子が好きな遊具というイメージですが、真砂工業は、女の子が好むようなお店やお部屋のキッズライを作っていました。娘が2人いる私にとっては、とても有り難いメーカーの1つです。

ハンドル

分かりづらい画像ですが2本の太いアームが特徴です。

スピーカー

これもまた分かりずらい画像ですが、スピーカーが筐体の内側から固定されています。
子供が遊ぶ遊具なのでネジ等がないので安全でいいと思います。

他社製品を製造


眞砂工業も他社製品を製造していました。

ナムコのばーがーしょっぷ(1989年)
バンブレストのアンパンマンメリー(1992年)
タイトーのブーブーマリオ(1993年)

いろいろな大手メーカーの製品を製造していたのがわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。