可変式ロボット

今回は私が実物を見てみたいライドを紹介したいと思います。

YouTubeで「石川英一」チャンネルさんがアップされているライドです。

 

このライド面白いですよね~

まずこのライドに初めて乗る時、乗っているお子さんより見ている周りの人の方が驚きがありそうですよね。
普通は、お金を入れて子供がライドに乗っているのを見ているだけの親御さんも、このライドなら楽しめてお金を出した事にも多少満足されるのではないでしょうか?

ちょっと気になる点は、ロボットが変形するタイミングですね。

お金を入れてロボットが変形する時は、ロボットは前進していなくて止まったままですが、終わる時は動きながら変形しています。
これは私の予想ですが、安全バーが変形するロボットの方に付いているからでしょう。
本当は発信する前に安全バーを下ろし、止まってから安全バーを上げたいんでしょう。
しかし、ほとんどの子供はライドが止まったらすぐに降りようとするのです。
なので止まってから変形すると、安全バーに挟まって危ないからではないでしょうか?
だからといってロボットが回転中に安全バーが上がるのも危険な感じですが・・・

こんな事を書くと、「このライドは危険だ!どうにかしろ!」とクレームを言っている人みたいですが、違いますよ。私はこういうちょっと危険でもダイナミックな動きをするライドが大好きです。

現在の日本では事故が起きないように、ちょっとした怪我もしないように安全な遊具しか作れないようです。まぁ、何か起こったら賠償責任など大変でしょうし、大きな事故だと一発で会社も傾きそうですよね。
企業としてはリスクがあるような遊具よりは、リスクのない遊具を作ろうとするのは当然の流れだと思います。
なので、これから日本のメーカーはダイナミックなライドを作るのは難しいと思いますので、昔のダイナミックなライドを見れるというのはとても貴重ではないでしょうか?

 

で終わろうと思ったら、もう1つ動画を見つけました。

YouTubeの「別視点チャンネル」さんの動画です。

 

現在は立ったまま動いているようですね。

もしかしたら、操縦席にボタンがあるようなので、以前は途中でも変形できる仕様だったのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。