ナムコ

現在


1955年に有限会社中村製作所を設立、百貨店に木馬2台を設置したそうです。
ナムコの由来は Nakamura Manufacturing Company の頭文字をとって「namco」だそうです。
みなさん疑問に思っていると思うんですが、何故「namaco」(ナマコ)ではないのでしょう?やはりナマコだと、海にいる動物を想像してしまうからでしょうか?

初めナムコという名称は社名ではなく、ブランド名だったようです。
1977年に株式会社ナムコに変更。
2005年にバンダイと経営統合してバンダイナムコグループになる。
バンダイにはバンプレストがあったので、ナムコの名称が入ったバンダイナムコでキッズライドが販売されることはなくなったはずだったんですが、2008年バンプレストがプライズ事業メインになったので、バンダイナムコの名称でライドが再販されていたようです。(新製品のキッズライドは発売されていない)
例えば、古い「アンパンマンのころりんらんど」(2004年)は、バンプレストのロゴが入っていますが、新しく販売されたと思われるものは、バンダイナムコのロゴが入っています。

特徴


ナムコブランドから発売されたライドについての特徴です。

外見

キャラクターのライドが多いです。凄く古いものでは、オバケのQ太郎やロボコン。ちょっと古いものでは、ドラえもんやキティちゃん、ゴジラなどです。
何故か1987年~1990年頃はキャラクターに頼ってない製品を出しています。

製品名

ジャンボロボコン、ジャンボドラえもんと2つだけですが、ジャンボが付いた製品があります。
それがヒットしたからでしょうか?その後「おっきな象さん」「おっきなショベルカー」「おっきなフォークリフト」の「おっきなシリーズ」を出しています。

製品製造


創業当時は製作所という社名だったので、自社で製品を製造していたはずですが、いつからか製造しなくなり他社が製造していたようです。

ホープ パンダのトラック(1987年)
眞砂工業 ばーがーしょっぷ(1989年)
タナカ製作所 アイスクリームやさん(1990年)
産升 ちびまる子ちゃんえんそくバス(1991年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。